魅力的なリスティングページのポイント

画像

物件のタイトル

インターネットで情報を探す時、あなたはどうやって探しますか?まず、見つけたい情報のキーワードを入れますよね。パソコンやスマホに検索結果が表示されたとき、その次にどの情報をクリックするかは、さらに知りたくなるような魅力的なタイトルがついていることではないでしょうか?

部屋の特徴を説明しているような平凡なタイトルでは、心惹かれることは少ないかも。ゲストは情報を探す時点で、地名など目的地で検索しています。部屋の広さなどはリスティングの中に物件の基本情報が掲載されているので、情報の重複になりますから、タイトルに絶対入れなければいけないというわけではありません。タイトルは一度つければ変えないというわけではなく、季節やイベントの開催時期に合わせて、適宜変えることもノウハウの一つです。旅行者に人気の観光地の名称をタイトルに入れるのもアピール方法の一つ。「部屋から東京スカイツリーが見える」「明治神宮まで徒歩圏内」など工夫すると、注目度も上がるでしょう。

写真のクオリティ

百聞は一見にしかず。写真の印象は、リスティングページの中で最も大切な要素です。検索結果で綺麗な写真が表示されると、ついクリックしてしまう確率が高くなります。物件を魅力的に見せることが宿泊するかどうかの決め手になることが多いので、できるだけクオリティの高い写真を用意しましょう。できれば、写真はプロに写真撮影を依頼するのがお勧めです。
写真の点数は、12枚を目安に用意するといいでしょう。玄関に入ってから部屋に着くまでの写真や、お部屋の内部全体がわかるような写真を方向を変えて揃えるようにするのがお勧めです。同じ方向から撮った似たような写真よりも、違う角度からアングルを変えて撮った写真のほうが雰囲気が伝わります。部屋の写真が9枚、家具などの写真が3枚くらいがちょうどいいバランスです。また掲載している写真の枚数が多すぎるとネット接続が遅い人は表示スピードが遅くなります。

ゲストを引き付けるためには写真が最も成功の鍵となりますので写真のクオリティは最優先に考えましょう。

明確で読みやすい文章

民泊情報サイトで宿泊先を探す人は、じっくり探す派よりも旅行の直前にインスタントブッキングなどでぱっと見て予約する傾向が多いです。そのため、明確で読みやすい文章が好まれます。予約が多い物件の説明を見てみるとわかるのですが、旅行者が欲しい情報が見つけやすいように工夫されています。情報が多すぎる説明文よりも、短く完結な紹介のほうがスッとゲストの気持ちに届きます。

TOPへ戻る