運用代行会社に依頼するメリット

画像

運用代行会社が代行してくれる内容

民泊の運用代行サービスを利用時のメリットには大きくわけると2つあります。1つ目は、物件を運用するときに手間がかかる部分を代行してもらうことでホストの時間を節約できること。2つ目は、運用代行サービス会社が持っているノウハウを生かせることです。サービスの内容には、メール予約対応、清掃、リスティングページの作成、鍵の受け渡しなどを運用部分的に代行してくれるサービスや立ち上げ時の準備を請け負ってくれるサービス、すべての運用を代行する完全代行があります。

運用にノウハウを生かすというメリットはぜひ活用してほしい点です。運行代行サービス費用の料金体系は成果報酬型ですので、ホストが持つ物件の稼働率が上がれば運用代行会社の利益も増えます。ですから、各業者がこれまでの運用で蓄積してきた運用ノウハウをアドバイスしてくれたり、部分的な運用代行サービスに盛り込んでいます。民泊ビジネスを始めたばかりでノウハウがないときは、積極的に利用するといいですよ。

運用にかかる手間と時間を節約

民泊の物件を運用するときの手間にはどのようなことが発生するのでしょうか?まず運用を開始すると、ゲストが予約をする前にメールで質問や値段交渉をしてきますのでそれに英語(他の言語のケースもあり)で答えることになります。物件の評価の中にはこの返信メールも含まれていますので、おろそかな対応はNGです。代行業者には、英語や各言語に堪能なスタッフを揃えていますので、その点は安心してお任せできます。

ゲストが部屋を利用した後は清掃も必要です。ホテル並みの清掃は求めていないにしても、清潔感があるお部屋は利用していると気持いですよね。掃除だけでなくトイレットペーパーなどの消耗品の補充、家電製品の動作チェックなども忘れずに行わなくてはいけません。
評価を上げるための返信作業はこまめに行うほど効果的です。物件数が増えたり、きめ細やかな運用をしようとするほど手間と時間がかかります。部分的でも運用代行サービスを利用することで、時間を節約し、部屋の質の向上と評価を上げられます。

蓄積された運用ノウハウを活用

運用代行サービス業者の中には実際に民泊物件をいくつも運用していたり、海外生活が長く民泊情報サイトを何度も利用したスタッフがいたり、清掃サービスをメインに手がけていたり、不動産会社が投資目的で進出していたりなど、業者によってさまざまなノウハウを持っています。やはりその部分はプロのなせる業!経験が豊富であればゲストを喜ばせたり、物件の稼働率を上げるだけでなく、トラブルが発生したときの対応もスムーズです。そして、そのトラブル対応力が評価にも反映されて好循環を生み出します。

民泊ビジネス初心者や、数少ない運用からそれらの運用ノウハウを蓄積するには時間もかかります。短期間で収益をあげるために、これらの知恵を活用しない手はありません。業者のホームページではよくわからないときは、電話やメールであなたが依頼したいサービスについて問い合わせてみましょう。業者はいくつもあるので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

TOPへ戻る