最も重要な「清掃」はプロに任せるべき

画像

民泊の清掃とは

民泊はもともと海外で旅行をする際に外国人同士で利用されてきたサービスで、日本人にはまだ聞き慣れない宿泊の形です。従って日本各地に浸透していない当分の間は、日本国内を旅行する外国人観光客が利用対象になると考えられます。

海外旅行者の中には食生活や文化の違いから、日本人が想定するよりも遥かに部屋の汚れが激しい可能性も考えられ、一般的なハウスキーピングとは異なる清掃が求められることが多くなるでしょう。従って、民泊に特化した、または専門的な知識を有する清掃業者にハウスキーピングを依頼することが、ゲストへの満足度にも繋がると考えられます。

清掃が重要である大きな理由

民泊の運営を継続し、利益を確保するにはそれなりのノウハウが必要です。その中で特に注意したいのがユーザーのクチコミ。この宿泊の形態で最も集客に影響するのが利用者の感想ですが、「部屋が汚かった」「部屋の臭いがダメだった」というように宿泊時の快適性に問題があると判断された場合、その後の利用者が減少する可能性があります。とはいえ民泊はホテルではなく、同等のホスピタリティを求められることも考えにくいでしょう。ただ清潔感のある部屋を演出することはできます。つまり、ベッドメイクをきちんと行うこと、髪の毛やホコリ、水滴、カビなどを残しておかないこと、トイレをしっかり清掃するなどが挙げられます。

もちろんホストが行うことも可能ですが、ハウスキーピングに時間をとられて他がおざなりになっては本末転倒。やはりプロの手に任せて、清潔感のある部屋でゲストをお迎えすることが肝要です。

家事代行とはどう違う?

家事代行はどうしても清掃に特化しがちで、掃除については満足度が高いもののホストのニーズに応えきれない部分が出てしまうのも事実です。例えばベッドメイキングやリネン類の回収・洗濯、アメニティの代理購入や補充などは家事代行では対応できない場合があります。やはり民泊専門の業者にハウスキーピングを依頼するほうが手間がかからず、ゲストへのホスピタリティなど宿のクオリティに注力することができます。

TOPへ戻る